スマイルライフ

笑顔で暮らす為のコミュニケーションポイント

スマイルライフ
Pocket

運転免許証自主返納して運転経歴証明書を貰うと意外なメリットが!

2018年01月23日 [ 高齢ドライバー ]
Pocket

高齢ドライバーの交通事故を

ニュースで度々、

目にする今日この頃。

 

ブレーキとアクセルの踏み間違え、

線路に侵入、

高速道路の逆走等。

 

悲惨な事故を見る度

高齢ドライバーの免許証自主返納が

進んでいない事を残念に思うのは

私だけではないでしょう。

 

今日は、免許証自主返納が

何故進まないのか?

返納することで起こる

デメリットとメリットを

比較してみたいと思います(^^)/

 

最後までゆっくり

お付き合い下さいね(^_^)v

 

高齢ドライバーの記事は

こちらをご覧下さい(^_^)v

 

高齢ドライバーの交通事故の原因と予防する為の対処方法は?



 

運転免許証を自主返納して運転経歴証明書を貰うと意外なメリットが!

自主返納をためらう理由

自主返納をためらう1番の理由は

「車が無いと不便!」ということ。

 

事故を起こす前に

運転を卒業しようと思っても、

「病院に行くには?」

「買い物は?」

「家族の負担が増す?」

「行動範囲が狭くなる?」

等の疑問符が多く、

ためらってしまう(>_<)

 

まだ、大丈夫かな?と

考えるのをやめてしまう(>_<)

 

75歳以上になると、

免許証更新時に検査が有りますが、

身体機能の衰えも、

認知機能の衰えも

個人差があるので

決め手に欠けるのでは無いでしょうか?

 

家族が声をかけるキッカケは

①車に傷が増える

②道に迷う

③車検が切れる

 

というのが多いようですが、

いずれにしても、

高齢ドライバーの自尊心を

傷つけないように

丁寧に勧めたいものですね(^^)/

 

運転免許証自主返納して運転経歴証明書を貰うと意外なメリットがいっぱい!

自主返納した人の理由

本人自身が

「運転に自信が無くなった!」

「視力、判断力が低下した!」

「事故多発が他人事に思え無い!」

と感じて下されば良いのですが(>_<)

 

「本人の運転に不安を感じた家族からの相談」

というのも、少なくないようです。

 

「家族が運転してくれる」

「家族を安心させたかった」

という理由を聞くと、

家族の関わりも大きいですね(^^)/

 

中には、

「健康の為に歩こう!と思った」

という、前向きな理由も有りました。

 

返納するには不安も多々あるので、

丁寧に勧めたいものですね(^^)/




 

運転免許証自主返納して運転経歴証明書を貰うと意外なメリットがいっぱい!

自主返納するメリット

では、どんなメリットがあるのか、

調べてみました!

 

運転免許証を返納して

「運転経歴証明書」を交付してもらいます。

 

65歳以上の高齢者が対象ですが、

運転経歴証明書を提示すると

☆バス、タクシー、鉄道の運賃割引

☆引越料金の割引

☆温泉入浴宿泊料の割引

☆信用金庫の金利優遇

☆商業施設サービスの割引

☆ホテル内サービスの割引

等のメリットが有ります(^_^)v

 

都道府県によって違いがあるので

運転経歴証明書を交付する都道府県で

確認してみて下さいね(^_^)v

 

因みに、大阪府の

サポート企業・店舗もいっぱい!

例えば、舞洲陶芸館では

手びねり体験教室を10%割引(^^)/

通天閣では一般展望料金を100円割引。

梅田スカイビル 空中庭園展望台では

入場料金を10%割引(^^)/

等々、グルメ、買い物、入浴宿泊料金、

整骨院、老人ホームの1日体験迄

様々有りビックリ(゚o゚)/

 

早めに申請することで、

いろいろ楽しめる

チャンスかもしれませんね(^_^)v

運転免許証自主返納して運転経歴証明書を貰うと意外なメリットがいっぱい!

まとめ




高齢ドライバーに自主返納を促すのは

とても、勇気のいる事かもしれません。

 

以前に『家族はつらいよⅡ』という映画で

「年寄り扱いするな!」

「まだ、運転には自信が有る!」

「寄ってたかって、馬鹿にするな!」

等と叫んでいた主人公をみた時、

自分の家族に置き換えたら

やるせない気持ちになりました。

 

一緒にみていた姑は

「実兄を見ているようだった」

車の鍵や免許証を隠しても

必ず、探し出して乗るし、

車を別の場所に移動しても

勝手に新しい車を契約してくるしで。

 

その兄を介護しに行っている間中

「どうぞ事故を起こしませんように!」

と祈ったと聞きました。

 

対話で、どれだけ歩みよれるか

分かりませんが、

家族がどれだけ大事に思っているか、

事故を起こすと、どんなに大変か、

被害者は勿論、

加害者の家族も傷つくこと、

まごころ込めて話すしか無いですね。

 

まごころは必ず伝わります(^_^)v

みんなが笑顔になれますように(^^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。